作られていない言葉

 

作られていない言葉を重視している。作られた言葉というのは、そのために予め用意されていたような言葉のことである。それはどこか不自然さが残ったり、不自然さがあったりする。作られている言葉は、その文脈にうまくあっていなかったり場から浮いたりしてしまう。このブログも書くことを思い立ったら一気に(といっても大体1000字に満たないが)メモに書き出してペーストしてブログ化している。
直接ブログの下書きに書くと、誤ってブラウザを更新してしまって2,000字以上がボツになったことがあるので、それを避けるためにわざわざメモに書いているだけで、それ以外に理由はない。書こうと思い立ったものの、しばらくその事以外に意識を取られていると、いざ書き始めても当初書こうとしていたことの半分くらいしか分量と内容が生まれなかったりする。そこで、それを後で続きを書こうと置いておいて、そして後でそれを見ると、これに付け足してなんとかするくらいなら、最初から新規の内容で書きたいという気になってくる。メモが作られた言葉みたいになってしまっている瞬間である。陳腐に思えてくる。一度投稿した文章も、陳腐に思えてくるが、流石にそれを消し始めると全て消さなくてはならなくなるので、投稿の最初にこれは失敗作であるなどと修正を入れたくなる。そして自分でもあまり見たくなくなる。自分でも見たくないものを、人が見たいと思うだろうか?それでなくてもあまり人が見たいとは思うようなことは書いていないというのに。これは全く無関係だが、愛の告白などというものは、大体にして作られた、それも発言個人ではなく既に見知らぬ誰かの手によって作られ流通している言葉であるので、自分はあまり好き好んで使いたくない