テレビは「ネットの声」を報道するのをやめろ

 

じゃあそんなんやったら最初からネット見るわ。

 

現場のテレビ局員が一体どういう了見で(例えば街角に取材に行く時間がないとか、あるいは純粋にネット上の情報をお茶の間に紹介したいだとか)インターネット上の情報を、トピックとなっている話題に対して添えているのかということは分からないが、テレビ局のお偉いさんサイドとしては自局の朝のニュース番組(まともにニュースだけを放送しているテレビ局は残念ながらほぼ皆無だとは思うが)や昼のワイドショーで「ネットの声」と称して出どころ不明のネット掲示板の書き込みやTwitter上のツイートなどが、これまでテレビという放送媒体が得意とするところであったいわゆる「街の声」に代わって紹介されている(こともある)現状に対して、何らの違和感も抱かないものなのだろうか。一視聴者の見解としては、テレビや新聞にはインターネットが提供しない(あるいはできない)情報こそを、視聴者に提供して欲しいと思うのである。現在、テレビ番組が行なっている「ネットの声」を紹介する行為は、テレビ局自らが、自らを質の低いネット上のまとめサイト以下のものになり下げているということに他ならない。ましてや、テレビや新聞といった、あえて言わせてもらうと「旧媒体」になりつつある媒体が、新たに登場したインターネットに情報収集を頼るという行為それ自体が、テレビ・新聞自らが不要だということを宣言しているようなものではないか。しかも、そのような局面で紹介される「ネットの声」は本来あるべき文脈から切り離されて紹介されることがほぼ常であるため、視聴者側としても白々しさを感じざるを得ない。

 

つまるところ、取材をサボっているだけじゃないのか。テレビ局がテレビ局としてこれからも存在していきたいとテレビ局自身が真剣に考えているというのであれば、このような「街角の声」に代わって放送されていると捉えられても仕方がない「ネット上の声」を放送するのは即刻中止すべきであると私は考える。

byネット上の声